IMG_0141



キッチンのお片付けに伺うと、必ず出くわす

賞味期限切れの食料品

賞味期限切れが一つもないっておうちは、出会ったことがない。



賞味期限切れの食品は、みなさん、わりと未練なくサヨナラ出来る。

それとは対照的に、

賞味期限がまだ切れていないけど、美味しくなかったモノって困るんですよね。



ありませんか?

「まだ食べられるし、食べなくちゃ」と思っているけど、

不味くて食べる気にならないの。



c6190a9f2c8e2270d550b2f2702eb95a_s



たいていの場合、賞味期限が過ぎて、そしたら躊躇なく捨てるんだけどね。

まだ食べられるのに捨てるなんて勿体ない。



コレって、モノも一緒じゃない?

使えるのに捨てるなんて勿体ない。

でも、使わないなら必要ないモノですよね。



食べ物だって、どうせ食べないなら、いつ捨てても同じ。



不味いモノを無理して食べて太るって、悔しくない?

どうせ太るなら、美味しいモノを食べて太りたい。



正真正銘のわがままボディ。



開けちゃってから美味しくないってモノは仕方ないけど、

買い溜めして飽きちゃったとか、貰ったけど好みじゃないとかってモノは、

開ける前に寄付しちゃった方が、よっぽど良いと思うよ。







もちろん、寄付できない食べ物もあるんだけど。

食べ物は、食べられてこそ価値がある。

好みは人それぞれだし、必要な人のところに届いたら一番いいですね。



出来るだけ賞味期限切れを出さない収納法。





食品もお腹の中に全部収納するとか難しいですよね。





必要な人のところに届くって、幸せ~。





おまけ。

今までに、お一人だけ「この前テレビで見たんですけど、戦時中の缶詰が食べられたんですよー」って言った人がいた。
「じゃあ、この缶詰たちを消費するまで食品を買わないことにしよう!」と約束して、その日の作業は終了。
その後、「缶詰、ちょっと開けたら爆発しました」って連絡が来たよ(笑)
みなさんも、賞味期限が切れた缶詰には気を付けて~。



↓削ぎ家事研究室の最新の研究内容が受け取れます。



Instagram

ROOMモンスターロゴ