その靴、痛くないですか?――あなたにぴったりな靴の見つけ方


なぜ、この本にたどり着いたのか分かりませんが、レビューも良かったので読んでみました。

著者の方は、靴は売らない靴屋さんを経営していらっしゃいます。

テレビなどでも紹介されたようですよ。

ご存知の方も沢山いらっしゃるかもしれませんね。



この本に書かれているように、私もパンプスは基本痛くなるものだと思っていました。

a48c58199fb17eec9b61399bced6c891_s

でも、サイズがピッタリ合っていれば痛くならないようなのです。



スニーカーとパンプスでは計り方が違います。

パンプスの場合、スニーカーのサイズよりも0.5~1㎝くらい小さめが丁度良い。

スニーカーと同じサイズでパンプスを選んでいる方も多いそうです。



更に多いのが、自分は甲高幅広だと思っている人。

そして、幅広の靴はラクだと思っている。

なんとなく、おばちゃんになるとEEE率が上がるようなイメージです^^;

太ると足幅も大きくなると思うので、歳を取ると大きくなることはあると思います。

ca5c5a8308fe8a9e00d5601f20c1285b_s

しかし!

実際に、女性の足幅(ワイズ)の分布グラフがこの本に載っていましたが、

知らない人には意外な結果だと思います。



第一位 E 約27%

第二位 D 約21%

第三位 EE 約17%

第四位 EEE 約13%

その後、CEEEEBFAGHAAと続きます。



EEやEEEの靴をよく見かける割には、実際にそのワイズの人って少ないんですね。



ちなみに、私は自分の足の幅は広くないことは認識していました。

が、本を読んで自分で計ってみてもDなのかCなのか…イマイチよく分かりませんでした。

もちろん、メーカーによっても微妙にサイズ感が変わってくると思うので、サイズ表記だけ見て買うのは危険です。



そこで、C~EEEまでのワイズが揃っていて、疲れないという口コミが多い『ワコールのサクセスウォーク』を試着しに行ってきました。

試着?試履?


このサクセスウォークは、ワイズの品揃えも充実していますが、ヒールの位置が内側に入っているんです。

内側って言うのは、普通の靴よりもつま先側。

ちょうど、かかとの骨の真下にヒールが来るように作られているので体重を受け止めやすいらしい。

7㎝ヒールを試し履きしてみて、確かに後ろの方にヒールが付いているよりはラクだと思いました。



そして、肝心のワイズですがワコールのサクセスウォークを履いてみたところ、私はDが丁度良かった。

Dの中でも、デザインによって履き心地は多少違いましたが…。



そして、家に帰って納得。

履きやすくて、よく履いている靴はDだった。



靴によっては、ワイズの表記がないモノも多いし、サイズ自体もS,M,Lだったり。

その情報だけで、合う靴を選ぶって、そりゃ無理だよね…と思いました。



ワイズが大きすぎると、どうしても足が前に滑ってきて疲れるし痛くなる原因になります。

本当にピッタリ合う靴って言うのは、靴ベラを使わないと入らないらしいです。

そして、靴擦れが出来る靴はオシイ靴なんだって。

ちょっとだけ大きいから靴擦れが出来ちゃうそうですよ。

私にとっては、目からウロコでした。



本を読んだら、靴は売らない靴屋さんのセミナーに参加したくなりました。

靴の選び方や、合うブランドを教えてくれたり、現在持っている靴が中敷きで調節して履きやすくなる靴なのか、諦めた方が良いのかを見てくれるそうです。

売っている状態のままピッタリ履けなくても、中敷きで調節出来るかが自分で分かるようになるそうですよ。

靴って、試し履きした時は良いと思ったのに、歩いてみたらダメだったってことありますよね。

そんな失敗がなくなるなら、このセミナー代は高くはないかな…と思いました。



靴は売らない靴屋さんは、新宿にありますよ。HPはコチラ シューフィット神戸屋



本を読むだけでも、目からウロコがポロポロだと思います。

痛くならない靴が選べれば、勿体ない靴が減りますね!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

太ったら服のサイズだって変わるんだから、靴のサイズだって変わるよね^_^;足の計測もこまめにするのが理想ですね。それより、足ちっちゃっ!!って思ったかな?

LINEで、このブログの更新通知が受け取れます(*・ω・)ノ


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ ホワイトインテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ
にほんブログ村